知的な印象を与えたい場合にうってつけ

メガネはフレームの形状が少し変わるだけで、見る人に与える印象が大きく違ってきます。そのため、服装などと同じく、TPOに合わせて眼鏡を付け替えるのがスマートな大人の嗜みであるといえるでしょう。メガネフレームには様々な形状がありますが、それらの中で、特に自分を知的な印象に見せたい場合におすすめなのがスクエア型です。スクエア型というのは、文字通り、長方形の形状をしているフレームを言うのですが、完全に真四角である必要はなく、それに近い形をしていればスクエア型として扱われます。ビジネスや教育現場などで仕事をする際にうってつけですが、カジュアルシーンで着用するとクールに見えすぎる可能性があるので注意しましょう。

顔の形状に合わせて選ぼう

一方、自分の顔の形状に合っていないメガネフレームを選んでしまうと、見た目のバランスが違和感のあるものになってしまうという点に注意する必要があります。基本的には、顔の形状と同じような形のフレームは避けたほうが良いと言われていますので、四角い顔の人はスクエア型のフレームは選ばない方が良いでしょう。逆に、スクエア型が似合うのは、丸顔の人です。顔のイメージを引き締められるため、特に自分をキリッと見せたいような場合に着用するのがおすすめです。丸顔の人以外にも、面長や三角顔の人にもスクエアフレームは適していますので、そういった方は、実際に試着してみて違和感がないようであれば、手元に1本持っていると何かと重宝するはずです。