まずはオーバル型の特徴を知ろう!

オーバル型と呼ばれるメガネのフレームは、横長で楕円形をしたフォルムが主な特徴として知られます。昔から老若男女を問わず、一般的によく使用されてきた、極めてオーソドックスなタイプと言えます。ただし一口にオーバル型といっても、リムやテンプルの太さあるいは形状、またはフレームの素材やカラー、さらにレンズの大きさといった点だけでも、その種類は幅広く多岐にわたります。したがってかつてのオーバル型のように、どこにでもあるようなオーソドックスなタイプというのは、少し時代遅れの先入観かもしれません。バラエティに富んだ数多くのタイプの中から、自分の顔の形状や好みにマッチしたものを見つけやすいのも、このオーバル型の大きなメリットと言えるでしょう。

オーバル型がフィットする顔の形状とは?

オーソドックスで汎用性の高いオーバル型といっても、やはりそれに似合う顔の形状というものが幾つかあります。その中で特におすすめしたいのが、ベース型をした顔の人。角ばった顔の輪郭であっても、オーバル型の丸みを帯びた楕円形のフレームによって、優しく温和な印象に生まれ変わります。さらに少し太めのフレームにすれば、直線的で堅い雰囲気の顔立ちを、自然と打ち消す効果も期待できるでしょう。

もう1つおすすめしたいタイプが、逆三角形をした顔の人です。このタイプの顔も直線的でシャープな輪郭を特徴としており、オーバル型のメガネとは相性が抜群。ただしこのタイプは小顔の人が多い傾向もあるので、フレームを細身にしたり、レンズをやや小さめにするなどして、メガネのインパクトを弱く抑える工夫が求められます。

眼鏡が壊れたり不具合が出た時は、まずメガネを買ったお店に持ち込むことを考えましょう。もし、通販で購入した場合や購入店が遠い場合は、市販の工具を使って自分で修理することもできます。