そもそもスクエア型のメガネとは?

スクエア型メガネの特徴は、その名称が示す通り、フレームの形状が長方形でシャープな点にあります。汎用性の高いベーシックなタイプであることから、長年にわたり幅広い年齢層で着用され続けてきた、定番中の定番として知られます。ただしベーシックでありながらも、フルリムからハーフリムそしてリムレスまでそろい、素材やカラーバリエーションも実に豊か。あらゆるシーンに対応できるのが、スクエア型の強みと言えます。

それでもやはり一般的に高いニーズを誇るのが、太めのフレームでカラーが黒いタイプでしょう。角張ったフレームが堅く真面目な印象を与えることから、特に男性を中心にビジネスシーンでの着用が目立ちます。その一方で、スクエア型であってもハーフリムやリムレスを選べば、お洒落でカジュアルな雰囲気を演出することも可能です。

スクエア型のメガネが似合う顔のタイプとは?

前述したようにスクエア型メガネの大きな特徴は、角のあるシャープな形状であること。これに最も似合う顔のタイプとして知られるのが、実は丸顔の人です。一般的にメガネと顔の相性を決めるのは、それぞれ相反する特徴になるのが基本。横幅が広く角張っているスクエア型こそ、丸顔の人には最適と言えます。実際に丸顔の人がスクエア型メガネを着用すると、顔立ちも引き締まったシャープな雰囲気に変わります。

もし普段は周囲にゆるい雰囲気を与えている丸顔の人が、ビジネスシーン等で真面目な印象に変えたいなら、スクエア型のメガネを選ぶのがベターと言えるでしょう。ただし一口にスクエア型といっても、太い黒縁や細身のメタルフレームなど、その種類は豊富。ビジネスからプライベートまで、きめ細かく使い分けることで、スクエア型のメリットを最大限に引き出すことが可能です。

めがねは目が悪い人がかけるものですが、顔の輪郭によって似合う形が違います。それを参考に、自分の似合う形を見付けましょう。